2hituy訪問看護ステーションで働いてみたい。
けど、どんな人であれば採用されるのか。
これは応募の際に最も気にかかることですよね。

訪問看護ステーションというのは、
まず病気や障害によって、家庭で療養生活を送っている患者さんの自宅に訪問し、
医療を提供する。という仕事になります。

 

医師が同行することもありますが、
基本的には1人で患者さんの自宅へ訪問します。

内容としては医師の指示書に基づいた医療処置や看護ですが、
場合によっては介護支援や相談なども受けることがあります。

 

そのため、基本的な看護知識や技術はもちろんですが、
急変時の対応、病状を的確に判断する能力、
コミュニケーションの能力なども必須になってきます。

そのため、基本的には臨床経験が数年はある人の方が、
採用はされやすい傾向がありますよ。

 

さらに、今の日本では高齢者が在宅で療養生活を送っている。
というケースは多くなります。

高齢者の場合、
より必要になってくるのが介護に関する知識です。

 

看護師としてのケアの中でも、
介護の知識はありますが、
やはり介護士などの専門スタッフに比べれば、少なくなります。

訪問看護師として仕事をしていくためには、
介護の知識をしっかりと身に着けておく。
ということでも、かなり採用が有利になってきます。

 

訪問看護ステーションは今後も開設も増えますし、
需要も必要性も高いものになりますので、
ぜひ目指してみてくださいね。