6zangyouよく訪問看護ステーションは残業が少ない仕事。
と言われています。

確かに、決まった時間の範囲内で
在宅で療養をされている患者さんの自宅に訪問をする仕事ですので、
計画通りに進めば残業がない。ということになります。

 

一日に数件の患者さんの自宅を、
あらかじめ考えていた時間通りに訪問することが出来れば、
時間通りに訪問看護ステーションに戻ることが出来ますよね。

ただ、受け持ちの患者さんの中には、
重篤な病気を持つ型、障害が重い方などもいます。

 

家族の方や患者さん本人の相談などを受けると、
どうしても計画通りに仕事をこなすことが出来なくなってしまう事もあります。

一軒一軒少しずつでも時間通りに仕事が終わらなければ、
やはり残業になってしまうことも考えられますよね。

 

休日に関しては基本的には週休2日は確保できることが多くなります。
シフトなどによっては週1日という週も出てくる可能性もありますが、
他の週に3日の休みが取得できることも多くなります。

基本的には休みの日に出勤をしなければならないことは少ないのですが、
場合によっては担当する患者さんの依頼によって、
休日出勤が必要になるケースもあります。

 

24時間体制で、さらに患者さんが完全に担当制になっているような場合には、
患者さんの急変は休日や夜間でも起こり得るので、
オンコールが入ることもあります。

ただ、可能性としてはあまり高いものではないので、
この点は安心できますよね。