複雑な労働条件

cwcc003-s
今では色々なところでナースの人手が足りなくなって
来ていますが、最近になってより需要が
増えてきているのが訪問ナースに関しての募集です。
これは介護施設やデイケアセンターなどでの重要が
伸びているという事と、実際に現場に出るにあたって、
ナースの技術と知識が今まで以上に必要とされて
来ている事
が挙げられます。
そのような訪問ナース募集の求人から転職を
考えた時に、十分に注意しなくてはいけないところと、
十分な確認をしなくてはいけない事がいくつかあります。
特に介護施設などでは、大変重要な仕事という事から
労働条件が複雑になりやすく、お互いでその条件を
確認してからでなくては、トラブルや後悔を
してしまうようなことになってしまいます。

介護職なのかナース職なのか

ナースとしての仕事では夜勤があるところが
多いですが、介護施設でも夜勤をする必要が出て来るのか、
それとも昼間の訪問勤務だけで良いのかはしっかりと
確認する必要があります。
介護職員としての採用で、
ナースの仕事も出来るという採用になってしまうと、
介護職とナース職を兼業させられてしまう可能性
否定できないので、初めの採用面接時に、しっかりと
確認しなくてはいけない内容となります。
特に現在は人が集まりにくい環境にありますので、
条件や勤務形態は必ず両者で確認をするべき内容と言えます。

柔軟な看護を提供できる

ilm07_aa16015-s
在宅で介護を受ける高齢者は増加の一途をたどっており
多くの訪問看護ステーションでは訪問ナースを
募集しています。
同じナースでも病院と在宅とでは求められるものが異なるため、
「患者さんと丁寧に向き合いたい」病院から
訪問看護ステーションへ転職する看護師も徐々に
増えてきています。

病院は治療の場ですが、在宅高齢者にとって自宅は
生活の場です。訪問を行う看護師にはまずその違いを知って、
感じてもらうことが必要です。一人一人の生活は
誰しも違うもので、正解というものがありません。
通り一遍の生活指導や看護を行うだけでは、
その人にあった看護を提供することはできないため、
確かな根拠に基づいた柔軟な看護を許容する
姿勢が求められます。

常に知識や技術の研鑽を!

さらに、高齢者の場合は医療を進んで受けることだけが
最善の策とは言えない場面に多々遭遇します。
患者さんの思いを丁寧にくみ取り、かつ家族の
患者さんへの思いを受け止めて
その人にとって
何が幸せな状態なのかを考えられる力が必要
です。
そして訪問ナースは患者さんとその家族にとっての
よき理解者になる必要があるため、よく話しを聞きつつも、
看護師としての専門的な知識の提供もしなければなりません。
そのためにはよりよい在宅での看護がどのようなもので
あるべきか、常に知識や技術を研鑽する姿勢が必要です。